Month 奉納月で探す

十八夜(じゅうはちや)

十八夜(じゅうはちや)

有田町 毎年8月18日

毎年8月18日に開催され、およそ350年前の大干ばつの折に行った雨乞いが起源といわれます。一番鉦をめぐってぶつかり合う「ドテマカショ」は迫力満点。▶︎マップを表示する

脇野の大念仏(わきののだいねんぶつ)

脇野の大念仏(わきののだいねんぶつ)

伊万里市 毎年8月21日、12月1日(12月1日は久原の大念仏と隔年)

伝統的な所作を色濃く残す念仏踊り。白装束の鼓役と鉦役が囃子を中心に円陣を組み、念仏を唱えながら舞い踊ります。▶︎マップを表示する

下岩屋猿浮立(しもいわやさるぶりゅう)

下岩屋猿浮立(しもいわやさるぶりゅう)

嬉野市 毎年8月31日 二百十日の風日

大人も子どもも地域のみんなで伝統を受け継いでいる猿浮立。鉦や太鼓を打ち鳴らし、猿のお面をかぶった子どもたちが猿浮立を奉納披露しながら区内を巡回します。▶︎マップを表示する

波戸の海中盆綱引き(はどのかいちゅうぼんつなひき)

波戸の海中盆綱引き(はどのかいちゅうぼんつなひき)

唐津市 毎年8月15日

波戸の伝統行事。満潮時に長さ35m、直径40cmの大綱を海中で引き合います。豊臣秀吉が将兵の慰安と、戦没者の盆供養のために始めたのが起源とされています。▶︎マップを表示する

納富分の一声浮立(のうどみぶんのいっせいふりゅう)

納富分の一声浮立(のうどみぶんのいっせいふりゅう)

鹿島市 毎年8月31日(一番通夜)毎年9月10日(二番通夜)

納富分地区のほか、鹿島市内10か所ほどに伝えられる一声浮立。琴路神社の台風除けの祈願祭「一番通夜」で奉納されます。祭り当日は地域に浮立の音色が響きます。▶︎マップを表示する

多久山笠(たくやまかさ)

多久山笠(たくやまかさ)

多久市 毎年8月15・16日

夏の風物詩として親しまれている多久山笠。昭和23年、戦後の復興の中で始められた祭りです。「人形山」と「提灯山」が、お囃子の音色とともに街を練り歩きます。▶︎マップを表示する